かっち署地域課東北のお城仙台城 > 伊達政宗像

伊達政宗像

騎馬像
↑仙台城跡から仙台市を見下ろす伊達政宗騎馬像↑

 伊達政宗の像はいくつかありますが、仙台城跡の展望台に立つものが最も有名で、最もイケてます。
 現在のものは昭和39年に復元された3代目で、2代目(平服姿の立像)は現在、岩出山町にあります。


騎馬像
↑仙台駅構内の『伊達政宗騎馬像』↑

 これは仙台駅構内にある『伊達政宗騎馬像』。はっきり言って駄作…。


政宗像
↑『初代!』伊達政宗像↑

 そしてこれが、仙台市博物館中庭に立つ『初代の』伊達政宗騎馬像です。現在では正確にいうと『胸像』ですが、もとは現在、仙台城跡に立つような騎馬像でした。
 というのもこの像、もとは昭和10年に柴田町出身の小室達氏という方が彫られたものですが、戦時中に金属供出のため、騎馬や政宗公の下半身は溶かされてしまったのです。よく見ると、腕のところが解けたようになっているのが分かります。
 台座の記述にはこうあります(原文のまま)。

伊達政宗像
 この像は現在青葉城跡にある政宗公騎馬像の最初のものであって第二次世界大戦中軍に徴用されたものの騎馬部分のみ溶解されこの部分は終戦後塩釜市内に打棄てられてあった
 幸い郷土史家故石川謙吾氏がこれを発見し私費を投じて購い青葉神社に奉納したものを石川氏のこ意志により神社側の了解のもとに本館に移したものである


↑戻る